プラセンタサプリで新しい自分に生まれ変わる

ファミリー

血糖値がわかる血液検査

血液

糖尿病体質を変える生活

両親や祖父母に糖尿病の患者がいる場合、体質が遺伝する確率が高くなります。そのような人は健康診断で血液検査を受ける必要があります。血液検査をするとヘモグロビンa1cという数値がわかります。この数値によって糖尿病かどうかがわかるのです。ヘモグロビンa1cの基準値は5.8から6.2パーセントです。これ以上高い数値だと血糖値が高いと判定され、糖尿病の恐れが高くなります。数値が大幅に高い場合はすぐに内科医の診察を受ける必要があります。糖尿病と診断されたら薬物療法と食事療法と運動療法を行うことになります。また体質を遺伝している可能性がある場合、早めにヘモグロビンa1cを抑えるサプリを飲むなどの工夫をすると糖尿病の発症を抑えることができます。

サプリを飲んで体質を改善

血液検査をしてヘモグロビンa1cが上限を少し超えている程度の場合は、生活習慣を見直すことで数値を下げることができます。大切なのは、食事と運動の見直しです。糖質を多く含む炭水化物をなるべく減らし、食事をしたら運動をして体内の脂肪を燃焼させることが大事です。炭水化物というのはパンやご飯やパスタなどの主食に多く含まれているので、なるべくオカズをたくさん食べるようにします。暴飲暴食は厳禁で、よく噛んでゆっくりと食事する習慣をつけます。食生活をうまく改善できない場合は、DHAやEPA、ナットウキナーゼ、サポニンなどの配合されたサプリを毎日続けて飲むようにします。それによって糖尿病になりやすい体質を改善することができます。